海外の事故情報の公開 平成13年7月10日
 

柳原美佳さんのHPに最近の取材として海外取材レポートがあります。
http://www.mika-y.com/journal/amerika.html)参考になる取材です。日本の司法関係者すべて見て欲しいですね。
アメリカやドイツでは交通事故が起こるとすぐに事故情報を10数ドルか無料で入手できる、というのに、日本だけはどういうわけか、「オシエラレマセン。目撃者もいるかどうかもオシエラレマセン。加害者の住所もオシエラレマセン」と警察は言います。当然のようにです。
 もっと不思議なのは、日本の法律関係者がすべて非公開システムを当然であるとおもっていることです。「それがキマリヤ」「キマリデスカラ」
 オシエラレマセン、キマリデスカラ ですべて通じる社会が日本なんでしょうか。
 ドイツやアメリカでは交通事故情報はパブリックに関する情報として、被害者への公開を非常に大切にしていることがわかりますね。
パブリックに関する情報なので、被害者には即時に公開をするんですね。
ところが日本ではこれは意味が違い、捜査側の利益や権威というものを、やたら大事にしていますね。パブリックという価値観がまったく違うんですね。日本と外国とでは!
 法務省の考え方はどうでしょうか?
法務省は「交通事故は犯罪ではないから、起訴率をさげてもいい」といい、最近ではそれどころか交通事故を「非犯罪化」するという政策をとるようになりました。軽傷事故などを業務上過失致傷扱いとするのを辞めよう、ということなのです。すなわち交通事故を犯罪ではない政策をとっていながら、事故情報の問題となると、犯罪面を強調して「犯罪であるから捜査に支障をきたす 」から捜査情報は公開しないというのです。都合よくその場その場の理由を作ってもいいでしょうか? 非犯罪化により、加害者は制裁を受けずに助かり、事故の情報も得やすいのに対して、被害者側だけには一切教えられない、というのはどうでしょうか?」
水戸黄門ならば、さしずめ、
「断じて許されることではなかろう!!」として悪代官を成敗するのではないでしょうか。
(法務省は嘘つきの巣ですかね。損保等への天下りの意向もあるのでしょうかね。)