求刑を上回る判決! 平成13年2月28日
 

1 判決言渡しの概略
(1)意義
山陽道死亡事故(トラックが軽ライトバンに追突し親子2人が死亡した事故)で、大阪地裁の仁宮信吾裁判官は、禁固1年6ヶ月の求刑を上回る、1年10ヶ月の実刑判決を言渡した。この判決の結果は、平成13年2月27日付け新聞各誌で1面に取上げられた。これを受け、検察は、大阪地検の求刑運用を見直すとの発表をした。この判決は刑期を4ヶ月も重くし、かつ禁固ではなく懲役とする画期的なもので、背景に悪質な交通事故に敏感な世論が伺われる。
(2)弁護士会等の反応
もっとも、この判決に対し、大阪弁護士会の副会長の「刑罰には一定の基準がある。裁判官だけの判断で厳罰化するのは問題だ」(毎日新聞より)や、伊賀弁護士の「明らかに過失犯なのに故意犯のように重く処罰するのはおかしい。今の見直しの議論の方向からも外れている」(朝日新聞)との反対意見もある。弁護士は加害者の弁護活動が主な仕事であるため、立場を考えれば反対意見は仕方のないことかも知れない。
弁護士会としては予測もしない判決であったため、戸惑いの方が大きかったようである。弁護士は、刑事裁判では減刑交渉が仕事であるため、当然の反応と言えるだろう。殺人罪等の一般事件では、求刑を上回る判決が出ることはないだろうから、極めて異例の判決であるし、司法業界において、仁宮裁判官は異端児扱いを受けるかも知れない。「変わった裁判官」と言われ、地方に左遷されるかもしれない。しかし、被害者の声を聞いてくれる名裁判官である。
(3)検察や司法界
この判決にあたり、検察は、「求刑を見直す」という素早い反応を示した。しかし、この判決は、刑事裁判をしている裁判官が日常的に思っていた疑問がたまたま表れたものであり、今までの検察の求刑対応がいかにお粗末であったかを示している。
被害者にしてみれば、今の交通事故の刑事裁判は、検察の起訴から始まる茶番劇である。検事は「厳罰を求める」と言いながら、いざ求刑となると予想外の軽い求刑であり、傍聴していた遺族のほとんどがその求刑に落胆させられるのである。法廷で行なわれているのは儀式であり、しかも加害者の刑を軽くするための場なのである。仮に2年を求刑しても、判決は7掛けの1年半というのが慣例である。今回の判決は極めて異例と言えるのである。司法関係者は、みな驚きと意外性をもって判決のニュースを聞いていたはずである。

2 業務上過失致死傷罪における刑の軽さの実態
刑法の教科書では、業務上過失傷害罪は過失傷害罪より重いはずである。しかし実際には、最高裁の司法統計年報で調べる限りそうではない。実情は、過失傷害の方が重いくらいである。
業務上過失致死罪と傷害致死罪とを比較しても、傷害致死罪の刑の方が、業務上過失致死罪と比べてどれ程重いかが分かる。傷害致死罪の刑では7年以上の実刑すらよくあるのである。交通犯罪だけがなぜ軽いのか、理解し難い実情がある。
今回の仁宮裁判官による求刑を上回る判決は、極めて異例であり、実務家にもかなり違和感があったようである。二宮裁判官は量刑理由の中で「前方不注視という基本的な注意義務違反で、過失の程度は極めて大きい」とだけ述べているが、昨今の道交法改正の世論だけを意識したのではなく、裁判の現場実務家の眼から見た刑の不公平感が判決言渡しの背景にあったのではないかと強く推測される。そういった意味で、私から見ると、時期的にも適切であるし、司法の役割としても危機的な司法状況に警鐘を鳴らすものであり、良い判決であると思う。

3 被害者側から見た判決の背景について(求刑を上回る判決の例)
交通死遺族の中では神話のような先例がある。「ポケットティッシュのように軽い命の重み」というキーワードを持つ判決である。
1996年(平成8年)10月30日に言渡された判決は、次のとおりであった(なお事案は、飲酒運転赤信号無視による死亡事故で、被害者は当時13歳のM君)。検察の求刑は懲役2年6月で、これに対する言渡し判決は懲役3年と厳しいものであった。
判決いわく、『交通事故裁判での命の重みは駅前で配られるポケットティッシュのように軽い。これで果たしていいのか。日本では、被害者の無念、遺族の悲嘆に比して交通事故加害者はあまりにも過保護である。命の尊さに法が無慈悲であってはならない。子供は親の宝、生きる希望だった。母親の悲痛な思いは到底言葉では表現し得ない。被告の償うべき責任は重大である。蛮勇かもしれないが、刑は軽きに失しても重きに過ぎてはいない』として、日本の刑事裁判史上初めて、求刑を上回る刑を言渡したのである。判決言渡し後、法廷ではすすり泣きが起きたと言われる。この判決を取上げた西日本新聞でも、「この判決は今も交通被害者の間でたびたび話題にのぼる程『突出した存在』なのが現実だ」と結んでいる。
なお、この藤田裁判官は、その後も平成9年3月に、T君という2人兄弟の子供さんの交通死亡事件判決でも同様の理由を述べておられる。判決は求刑どおり禁固2年であった。求刑どおりという判決自体も今の交通裁判では異例である。

4 今回の判決のポイント
藤田裁判官の判決は、ポケットティッシュのように軽く扱われる交通死被害者の立場を尊重したもので、今回の判決も交通死被害者の声無き声に配慮し、その上で、「悪質運転を許さない」という世論、および現場の裁判官の「刑のバランス感覚」があったからこそ言渡されたものと思われる。刑事裁判官としての良識が出ている名判決である。マニュアル化している刑事裁判官に模範を示したのである。
この判決は、交通モラルが崩れ、交通事犯を取り締まる警察や検察の士気も無くなっていく風潮に対する、司法の良心を示すメッセージである気がするのは私だけではないはずである。モラルを喪失した交通事犯の処理システムに対する警鐘の判決と理解すべきであり、拍手されるべきである。