夢か幻か! 交通事故の刑法犯の実態を隠す最高裁 平成12年9月11日
 

最高裁が毎年刑事裁判の結果を示すデータとして、司法統計がある。平成11年司法統計を開いて、交通事故のうちの業務上過失致傷罪及び致死罪について目を通してみると、信じられないことにどこにも載っていない。交通事故犯罪のうち道交法違反があるが、例年、業務上過失致傷罪と業務上過失致死罪とに分けて、過失致死罪の次に載っていたのであるが、平成11年では簡裁の罰金刑しかないのである。
司法統計とは、刑の現状を示すデータである。国民主権の下、国民には刑の実情を知る権利があるので、これを公開しているのである。ところが、このデータを最高裁が出さなくなったのである。交通事故の刑の実情は昨今、特に問題となっているので、都合が悪くなったのであろうか。今更、交通事故の実刑率が低いことがばれるのを恐れているとは思えないが…
そう言えば、平成5年版犯罪白書で業務上過失致死罪の起訴猶予率が9年間で10倍になったことが明らかになった。この時から、犯罪白書が再び業務上過失致死罪の起訴猶予率をデータとして公表することは無くなったのである。9年間で死亡事故の起訴が10分の1になったということは、検察のやる気が10分の1になったということを示す。検察の士気が無くなったことが分かってしまうのでまずいと思ったのであろうか、法務省はこれ以降、死亡事故の起訴猶予率のデータを出していない。