交通重度後遺症被害者に対する解決システムの問題 平成12年8月23日
 

交通死被害者遺族の権利等については、事故解決のシステムの問題点と共に機会あるごとに触れてきたが、重度後遺症被害者の問題点はより深刻である。

1 警察の問題
交通事故が発生すると、加害者への取り調べの手続きは敏速かつ慎重に行うが、被害者の側への配慮はほとんどなされていない。どうして事故が発生したのかすら被害者側に教えてくれないこともあり、警察が被害者の家族と接触を避けるような雰囲気がある。
被害者の家族がどうすればいいのか困っていても、自分達の仕事は事故処理のみという雰囲気が見受けられる。不慮の事故に遭い右往左往している家族が、これからの医療や捜査や福祉等の手続き等について最初に接触する役所が警察であるのだから、それなりの対処の仕方があってしかるべきである。しかし、警察にすがって相談に行っても積極的対応はしてもらえず、被害者家族は途方に暮れるだけである。

2 病院の問題
被害者は突然の事故に遭い、やむなく入院するのだが、病院側はほとんど例外なく「3ヶ月経ったら退院して下さい」との要請を家族にしてくる。これは病院の保険収入の損益分岐点が新規の場合3ヶ月となっていることに起因し、どこの病院でも扱いは同じである。私への相談の中にも、入退院を繰り返している例がある。3ケ月後に病院から退院要請があるのだが、転院先の病院を紹介するでもなく、自分で探してもほとんどの病院から受け入れを拒否される。特に植物状態に近い被害者の場合はなおさらである。
苦しむのは被害者と家族だけで、病院が悩むことはあまりないようだ。病院に居つづけることができても、肩身を狭くして遠慮しながらである。病院の仕組みもおかしいのではないだろうか?

3 ヘルパーの問題
平成7年頃から病院内で私的に頼むヘルパー制度が廃止された。完全介護体制という名目上の制度が出来たからである。
ところが、重度障害者を受け入れてくれる病院はこういう完全介護体制を充実させているところは少なく、やむなく家族が介護することになる。このため腰を悪くする家族もあるが、ヘルパーを頼もうと思っても病院側で断わられることになる。事故も入院も決して望んだものでもないのに理不尽な扱いが続くのである。

4 加害者の刑の問題(不当に低い刑の多さ)
重度障害の場合には、家族が仕事を辞めざるを得ず、被害者の介護を一生しなければならない場合が多い。直接の被害者だけでなく介護をする家族の人生までも奪われるのである。
一方、刑を科す側である検察庁や裁判所はこういう被害の実態から目を逸らし、1枚の診断書のみで事件を処理している。「死亡でないから罰金で」という処理方法である。
介護の実態からすると、死亡事故に匹敵するかそれ以上の刑を科してもいいはずだが、介護の現場を検事や裁判官が見ることはないのである。

5 保険制度の問題
重度障害者の場合、治癒途中であれば保険から医療費が支払われる。しかし、症状固定してこれ以上改善の見込みがないとされると、医療費の支払いは患者負担となり、保険金の支払いはストップされる。
これ以降は軽度の障害の場合と同じく後遺症だけの問題として逸失利益、慰謝料の問題として処理されている。ところが、医療費をストップされると家族だけでなく、病院でも対応に困ることになる。
この段階で相談を受けると、被害者と家族の生活を賭けた戦いとなる。というのは、重度障害被害者の家族は仕事を辞めている場合が多く、死活問題となるからである。自賠責金でとりあえずの数年分の生活費を確保して問題となる慰謝料や逸失利益を裁判等で確定しなければならない。

6 法律上の問題
(1)家族の介護料
裁判において家族の介護費は損害として当然請求出きる。しかしながら、家族の介護費に関する裁判所の認定は不当と言える程低い。職業的介護者の約6割程度で、家族が4割分の労働を家族だからという理由のみで無償でさせられているのである。およそ近代国家とは思えない処理方法である。
職業的介護者の介護費でも介護保険制度での単価とはおよそかけ離れた額でしか認定されない。
(2)5%中間利息控除
重度後遺症被害者の裁判での逸失利益や将来の介護費の計算についても、交通死亡事故と同じく5%複利で中間利息を控除されるという問題がある。死亡事故と異なるのは、被害者本人が年5%での複利運用が出来るものとして計算される点である。つまり、重度障害を抱える本人が、現状からはおよそ考えられないような高利での賠償金の運用が一生出来るものとして処理されているのである。ここに裁判所による弱者の切り捨てともいうべき現象がある。
(3)後遺症の厳しい認定
重度障害の場合、脳の高次機能障害を伴うことが多いが、後遺症基準自体が硬直なため、後遺症認定されないケースも少なくない。

7 生活上の問題(生活や人間関係からの孤立)
重度後遺症被害者家族は常に介護にあたる状態でなければならない。このため、これまでの人間関係や生活関係の環境とまったく違う環境に置かれることになる。精神的にも極めて問題のある環境となり、介護をする家族には往々にして、特有の精神的疾患が現れると言われる。このような状況も起こりうるため、支援するボランティア等が必要なのである。