悪質な加害者ほど行政処分を免れるのはどうして? 平成12年5月16日
 

交通死亡事故が起これば、当然加害者には刑事処分と行政処分が下される。ところが、今までは行政処分について被害者が知ることはほとんど出来なかった。公安委員会に行っても教えてもらえず、被害者遺族が処分内容を知ることはほとんど出来ないというのが実情であった。しかし、ようやく昨年より被害者や遺族が公安委員会に問い合わせれば、どんな行政処分かを知ることが出来るようになった。
そして、行政処分内容を知った遺族から相談を受けるのは、加害者の行政処分に対する不満である。例えば、時速60キロオーバーにも関わらず、速度違反の事実が行政処分の対象外となっていて、死亡と前方注意違反だけで処理されている。この事件は、刑事裁判になっており、しかも懲役1年の判決が確定している悪質な事件であった。であるにも関わらず、行政処分は60日の免許停止のみであり、免許取り消しではなかったというのである。
一般道で時速を60キロオーバーもしての死亡事故であるのに、この処分は不当である。なぜ60キロオーバーが行政処分の対象にならなかったのか。それは、刑事裁判でも速度違反について争っていたが、確定した速度違反の事実が明確にならなかったからだということが分かった。つまり、行政処分時に速度違反が明確でなかった為と思われる。しかし60キロオーバーの刑事裁判が確定しているのであるから、刑事裁判後に行政処分対象外とされていた速度違反についても処分を下すべきであろう。しかし、既に事件から3年も経っているからそれは出来ないということである。
それはおかしい。不当である。公安委員長殿、これは悪質ドライバーほど助かるシステムではないでしょうか。法務大臣殿、すぐに法改正すべきではないですか。